CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
【まいどんの食物解説Part27 バナナ】今も昔もバナナは最強!
0

    どうも!まいどんです。

     

    今日は久々の食物解説をやっていこうと思います。

    毎日自然とバナナを食べている僕なんですが…

    バナナって本当に素晴らしい食べ物です…( ゚Д゚)

     

    昔、バナナがいかに貴重で高級な食べ物だったのかをよくテレビで放送していたのが懐かしい。笑

    本当にバナナの栄養ってすごいです。

     

    今日はそんなバナナの栄養について語ります!

     

    ジューサーと緑黄色野菜

     

    1.意外とカロリーは低いのです!

    バナナはフルーツ。ということは炭水化物。

    そうなるとダイエットをしている人は避けてしまいますよね。

     

    でもバナナは以外にも低カロリー。

    ご飯やパンの1/2程度のカロリーしかありません。

    中くらいのバナナでだいたい86kcalくらいですね。

     

    どうしても甘いものが食べたいときなど、バナナは強い味方になってくれるはずです。

     

     

    2.含まれている栄養が豊富すぎる!

    バナナは意外にもタンパク質も1.1gほど含んでいるんですよね。

    さらにカリウム、葉酸、マグネシウム、ビタミンB6、ナイアシン、ポリフェノール、セロトニンなどなど…

     

    なんでこんなに豊富なんでしょうね( ゚Д゚)

    びっくりするほどいい栄養がつまっています。

     

    特にポリフェノールは、板チョコレート1.1枚分ほどと同等の量を含んでいる…!

     

    いろいろな食べ物が世間で取りざたされますが、結局は原点回帰するほうが早いかもしれません。

     

     

    3.子どもから大人まで幅広い世代で大切!

    1日の栄養で不足しがちな部分を補えるのがバナナ。

    子どものおやつにも適していますし、スポーツ選手の補食にも役立ちますね。

     

    美容対策として・ダイエット中のサポートとして・日ごろのストレスフルな毎日の支えとして。

     

    バナナは大切な食品です(`・ω・´)。

     

    よく目にする食べ物には理由がある。

    大事に食べていきたいものです…!

     

     

    本日もお読みいただきありがとうございました。

    また明日お会いしましょう!

     

    | 健康・美容 (栄養系) | 23:43 | comments(0) | - |
    小さい豆でもビッグな栄養!【まいどんの食物解説Part26豆類】
    0

      どうも!まいどんです。

       

      節分がやってきますね〜!

      豆って地味なイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、

      豆の持つ栄養は本当にすごい( ゚Д゚)

      食事に少しずつでも取り入れれば、それこそサプリメント感覚でいい働きをしてくれることでしょう。

       

      今日は豆の栄養について解説していきます!

       

      両手で豆をすくう

       

      1.豆の種類

      豆ってたくさんありますよね。

      甘いものからサラダに使えるような淡白なものまで実にさまざま。

       

      それらをざっくりと分類すると、

      |鎖絏淑が多いもの

      ∋藜舛多いもの

      に分けられます。

       

      |鎖絏淑が多いのは、あずきやささげ、いんげん、えんどう、ひよこまめ、そらまめなど。

      重量の半分が炭水化物になります。

       

      ∋藜舛多いのは、大豆や落花生。

      大豆は2割くらいが脂質で、落花生はなんと約50パーセントは脂質です。

       

      共通しているのは、どちらもタンパク質を豊富に含んでいるということ!

      健康維持・ダイエットに向く高たんぱく食材なんです。

       

       

      2.豆の栄養がすごい!

      豆に含まれる栄養を細かくみていくと、その豊富さには驚かされます。

      ビタミンB1、ミネラル、鉄、カリウム、亜鉛、食物繊維、一部の品種ではポリフェノールまで!

       

      エネルギーの代謝、カラダの調子を整えるための栄養がたっぷり詰まっている豆(`・ω・´)

      食事の中の一品としてぜひ取り入れたいですね。

       

       

      3.豆料理は作りやすい!

      では豆を食事でどう生かせばいいか?

      一番手っ取り早いのは水煮ですね。

       

      塩でさっと味がついただけの豆。

      豆自体が淡白な味だからこそ、シンプルな味付けが一番おいしくて作るのも楽ちんです!

       

      工夫を凝らすのであれば、サラダのトッピングやカレーライスのトッピングなどでも活躍させると良いでしょう。

      主張が少ない分、さまざまな料理に混ぜこむことができるはずです。

       

      僕はやっぱり大豆を一番重宝しますが、みなさんはどうですか?

       

      本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

      また明日お会いしましょう。

      | 健康・美容 (栄養系) | 23:45 | comments(0) | - |
      いまさらだけど白米と玄米を比べよう!【まいどんの食物解説Part25白米&玄米】
      0

        どうも!プロ主夫のまいどんです。

         

        健康志向の人ならすでに知っているかもしれませんが、

        白米と玄米って違いますよね!

         

        今日は今更だけど玄米って何なの?ということを解説していこうと思います!

         

        ご飯半分にしておけばよかっと後悔している

         

        1.精米しているかどうか

        玄米は、精米していない状態のお米ですね。

        白米は、玄米を精米したものです。

         

        精米というのは、糠と胚芽を取り除き、胚乳だけの状態にすることを言います。

        こうすることで白く綺麗なお米になるわけです。

         

        でもきれいにするとお米本来がもつミネラル・ビタミン・食物繊維などもきれいさっぱり落としてしまうことになります。

        食物繊維なら玄米のほうが白米の8倍は含まれます。

        だったら玄米を食べたほうがいいじゃないか!

        玄米の色やにおいのようなものが苦手な人もいますし、

        古くから白米には玄米よりも高級感があったため、みんな白米を欲しがったんですよね。

         

        いまでは玄米のほうがいいっていう話が広まって、玄米のほうが値段高くなっちゃいました。

        世の中おそるべし。

         

        2.よく噛んで食べよう!

        玄米は、いろいろ含んでいる分、白米よりも消化に時間がかかるんです。

        そのため、よく噛んで消化を助けてあげる必要があります。

         

        風邪を引いておかゆを食べたいときは、むしろ白米が活躍します

        玄米よりも消化吸収がされやすいですから、適しているでしょう。

        うまく使い分けたいところですね。

         

        3.ダイエット的にはどうなの?

        玄米と白米のカロリーは、実質同じ。

        白米100g:168kcal

        玄米100g:165kcal

        このくらいだけの違いです…(゜-゜)

         

        なぜダイエットにいいと言われるかというと、

        よく噛まなくてはならないからこそ⇀ゆっくり食べるようになり⇀満腹感が出やすい、ということです。

         

        玄米をたくさん食べればいいわけではありませんので、みなさん注意してくださいね!

         

         

        本日もお読みいただきありがとうございました!

        また明日!

        | 健康・美容 (栄養系) | 23:45 | comments(0) | - |
        << | 2/11PAGES | >>