CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 【まいどんの食物解説Part29 納豆】昔ながらの食べ物の威力はすごい | main | ニキビ対策はやっぱり食事!綺麗な肌を維持しよう! >>
イメージトレーニングとはなにか?脳の特性を利用しよう!
0

    羽生結弦選手…おめでとうございます!!!

     

    どうも、まいどんです。

    いやーフィギュアスケート・日本にとって歴史的な日になりましたね。

     

    そんな良き日のブログは、羽生選手がケガのためにリンクに立てなかった2か月間、

    取り組んでいたというイメージトレーニングについて語ります。

     

    座禅をすることで色々な思考が頭を駆け巡る(伊万里市本光寺)

     

    1.脳は現実なのか想像なのかをきっちり判断できない

    梅干しを想像すると唾液がたくさん出る。

     

    この反応に代表されるように、脳は現実と想像・妄想をきっちり区別できているわけじゃないんですよね。

    以前の記憶からだいたいの反応を脳が考える。

     

    この脳の特徴を利用するのが「イメージトレーニング」になります。

     

     

    2.スポーツ選手だけが使うものじゃない

    ●スポーツ選手が実際に体を動かさずに頭の中で何度も動作を想像・成功イメージを作り上げること

    ●何らかのことについて、起こり得るもの・対処方法を頭の中で考え、慣れさせておくこと

     

    こんな意味があります。

     

    想像すればするほど、

    それを実際の経験と理解し、

    身体が慣れてくるし自信がつく。

     

    それはスポーツだけでなく、スピーチやプレゼン、人間関係などにも活かせます。

     

     

    3.ポイントはこれ!

    さすがに、夢のような出来事を想像することじゃないんですよね 泣。

    常にゴールを明確にした想像が必要です。

    これから体験するであろうことにどう対処するのか?それをきっちり決めて考えます。

     

    あとは集中できる場所で静かに

    自分の持っている感覚をフルに使って想像出来得る限りのこと考える。

    達成できた時の感情を常に思い浮かべる。

     

     

    僕のおすすめは車の中ですね…!

     

    僕も日々取り組んでいますが、みなさんもぜひ取り組んでみてください(`・ω・´)

     

    本日もお読みいただきありがとうございました!

    また明日!

     

    | まめ知識 | 23:45 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする