CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 足の裏は臭いんだ!清潔を心がけよう | main | イメージトレーニングとはなにか?脳の特性を利用しよう! >>
【まいどんの食物解説Part29 納豆】昔ながらの食べ物の威力はすごい
0

    どうも!プロ主夫のまいどんです。

     

    いやーこのブログも始まってからもう80記事くらい書いていたみたいです。

    さっき気づいたんですけどね( ゚Д゚)笑

     

    これもひとえに皆様のおかげです。

    これからもどうぞよろしくお願いします!

     

    今日は「納豆」についてお話していきますね!

     

    日本の伝統食「納豆」

     

    1.納豆ってやっぱりすごい

    納豆と言えば、あの小さなパック1つに含まれている栄養価の高さが有名ですよね。

    タンパク質、ビタミンB6、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維、ビタミンE、カルシウム、ビタミンB2などなど…

     

    タンパク質・鉄分・食物繊維・ビタミンB2あたりは、とても大切な栄養素ですから、

    納豆は強力なサポートになります。

     

    鉄分なんてレバー40g分も含まれていますからね。鉄欠乏性貧血などで悩んでいる方にはおすすめです。

     

     

    2.賞味期限ってどうなの?

    だいたい納豆の製造日から10日以内が美味しく食べられる目安とされているんですが、

     

    実際1か月ぐらい放置していても食べられないことはありませんが、見た目の白い菌は増殖しています。

     

    納豆は放置しておくと再発酵を起こすのですが、さすがにアンモニア臭があったら食べるのはやめたほうがいいと思います。

    そのにおいのきつさがいい!っていう人がいるのも事実ですけどね。

     

    また、納豆の糸が全然ひかずにパラパラしているなら、腐っている証拠

    食べるのは避けましょう。

     

    買いすぎてしまった時は、冷凍保存がおすすめです(`・ω・´)。

     

     

    3.食べてはいけない人

    ワーファリンを服用して血液をサラサラにしておかなくてはならない病気を持っている人は、

    納豆を食べてはいけないことになっています。

     

    理由は、納豆に大量に含まれているビタミンKが、血液を固める作用があるからなんですね。

     

    最近ではワーファリンに代わる薬もあり、納豆を食べても良い状況の人もいらっしゃいますが、

    やはり気を付けなくてはなりません。

     

    納豆ごとき、と思うかもしれませんが、食生活は日々の積み重ね。

    自分の服薬状況と食事に関しては、ないがしろにせず気を付けていってください!

     

    本日もお読みいただきありがとうございました!

    また明日お会いしましょう!

    | 健康・美容 (栄養系) | 23:50 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする