CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 冬は加湿器で乗り切る!〜加湿器の上手な選び方〜 | main | 栄養ドリンクに頼らずまず休もう!! >>
暖かく寝るなら毛布と布団の順番にこだわろう!
0

    どうも!プロ主夫のまいどんです。

     

    新しい年が明けて、桜が待ち遠しいなーなんて…

    言ってる場合じゃない。

     

    まだまだまだ寒いのです(゜-゜)。

    夜の快適な睡眠をゲットするため、枕の選び方をご紹介した記事がありましたが、

    今回は暖かく寝るための工夫についてお伝えしようと思います。

     

    ひなたぼっこしながら布団の上でスヤスヤ眠る猫

     

    1.羽毛布団は直接肌に触れさせるべし!

    羽毛布団の保温効果は、羽毛に体温が伝わりやすいほうが高くなるんですね。

    毛布が体と羽毛布団の間に入ってしまうと、せっかくの羽毛布団の保温効果が発揮できなくなります。

     

    最初に寝床に入るときにひんやりとして嫌な人もいるかもしれませんが、

    あとからやってくるあの暖かさには代えられません…!

     

    「どうしてもひんやり感がイヤ…!」

    という人は、起毛カバーを羽毛布団につけてみましょう。少し緩和できます(^^)

     

    ちなみに、掛け布団が羽毛でなく、ポリエステルや綿でできている場合は直接体に密着させても無意味ですのでご注意を!

     

    2.毛布の位置が重要だ!

    毛布の素材によって、掛け布団の下に使用したほうがいい毛布・掛け布団の上に使用したほうがいい毛布にわかれます。

     

    ●掛け布団の下に使うべし:カシミヤ、ウール、シルク

    ⇀蒸れにくく熱を蓄える

    ●掛け布団の上に使うべし:アクリル、ポリエステル、コットン

    ⇀蒸れやすく熱を蓄える

     

    どちらも熱の放出を抑えてくれますが、保温力・放湿力の両方を考えて、布団と組み合わせてみてください!

     

    心地よい眠りは、リラックスできる環境づくりからももたらされます。

    みなさんも今お使いの毛布・掛け布団の素材をチェックして、正しく使っているかどうか確認してみてくださいね。

     

    本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

    また明日お会いしましょう!

    | まめ知識 | 22:53 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする