CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ツイッターフォロワー300!年末大掃除の話も!! | main | 実は最近体調があまり良くない…【風邪の時に困る料理への対策!】 >>
カレーは漢方薬!?良いところだらけなので2回目の解説です【まいどんの食物解説part9 カレー◆
74

どうも、まいどんです。

 

今日はカレーについて2度目の解説をさせてもらいます。

 

前回のみでは解説しきれなかったところを話せればと思います(ーuー*)b

前回のカレー解説はこちら→ http://syuhudou.com/?eid=18

 

 

前回の解説では、しっかりたくさん食べられるところや、手軽さ、色々な具材と合うので栄養もとりやすい…

なんてところを特に紹介しましたね。

 

今回はもうちょっと踏み込んで、まずカレーならではともいえる調味料「スパイス」について解説します(*・u・*)

 

 

「カレー」=「スパイス」&「スパイス」=「健康!美容!」

ー スパイスには漢方薬並みの効果がある!?ー

 

市販されているカレールーでさえも、含まれているスパイスの量は2030種類。

 

スパイスって具体的に何者なのか知らない人も多いと思うんですけど、

大きく分けると、「カレーの色のもとになるもの」「香りを豊かにするもの」「辛味やうま味をプラスしてくれるもの」に分かれます。

 

辛さだけがスパイスってわけではないんですね。

 

そして、その一つ一つが身体にいい働きを持っているといわれているんです。

 

そしてこの、スパイスって、そもそも古くから薬として使われていたものも多いんです。

 

胃腸の働きを助ける効果、疲労回復、血行促進に加え、最近では認知症予防に役立つ効果までチラホラ聞かれるようになってきました。

 

スポーツ選手がカレーを好むのも頷けるでしょう(ーuー)

カレー好きの僕としてはもっともっと健康や美容に対する効果をみなさんに知ってほしいですねー

 

スパイスの具体的な種類ですけど、僕がおすすめするのは…

 

ターメリック、クミン、コリアンダー、カルダモン、ナツメグ、クローブ

 

あたりですね。これらは手に入れやすかったり、使いやすかったりします。

スパイスが効いていると、塩分も控えめでOKなんですよね。

 

ここではスパイス最高ということをわかりやすく説明してますけど、考えていくと組み合わせとか奥が深いですよー

スパイスについて詳しく知りたい方は検索してみてください!

 

 

 

おすすめの一工夫!自宅でもいろんなカレーを楽しんでください

カレーの種類は実は多種多様ですよね。

でも「自宅では普通のカレーしか食べないよー」って人も多い気がします。

 

どれもおいしいけれど、その日の体調に合わせて作れたら、めっちゃ良いですよ(・ω・)b

 

僕がいつも作っているカレーをご紹介しますね。

 

●トマトカレー

トマトに含まれている栄養素と言えば「リコピン」。

リコピンには抗酸化作用があるので、美肌効果や疲労回復に役立ってくれるんです。

僕の家では週末にトマトカレーを作って、一週間の疲れを癒せるように…という願いもこもってます(ーuー)b

 

●大豆カレー

忙しいときには、大豆カレーがおすすめ!

大豆に含まれるレシチンが、集中力を高めるのを助けてくれます。

また、大豆はイソフラボンも含まれていますから、女性ホルモンの働きを助けて、美容にも役立つことでしょう。

 

こだわりたい方はカレールーから作って、スパイスにもこだわってみてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

また明日お会いしましょう。

 

| 健康・美容 (栄養系) | 23:54 | comments(0) | - |
コメント
コメントする